紫外線照射装置エアロシールド

紫外線照射装置エアロシールドのご紹介

紫外線照射装置エアロシールド

エアロシールドとは?

エアロシールドは空気環境の改善を目的とする世界基準の室上部照射方式を採用した紫外線照射装置です。

紫外線は波長によりUV-A・UV-B・UV-Cの3種類に分類され、その効果も異なります。エアロシールドは高い浮遊菌・ウイルス減少効果を持つ「UV-C」ランプを使用しております。UV-Cの波長は「耐性菌(紫外線に対する抵抗力を持った菌)をつくらない」「常温で利用可能」など、紫外線照射効果の優れた特性があります。

自然対流を用いた照射イメージ

エアロシールドが採用しているUV-C(紫外線C波)を利用した空気清浄法は、世界の感染症に対応する専門機関であるCDC(米国疾病対策センター)が発行する「医療機関における結核菌伝播予防のためのガイドライン」で「UVGI」として掲載されています。

エアロシールドは社団法人日本工業技術振興協会のCTA(技術評価情報センター)による技術評価を受けており、「競合他種の装置に比較してきわめて大きな優位性を発揮するのもと考えられる」という評価を頂いております。

人がいる空間でも安全に紫外線照射

エアロシールドは特殊なルーバー(仕切り板)構造による紫外線の水平照射を実現しており、天井付近に紫外線ゾーンを形成します。人が生活する空間に影響を及ぼすことなく24時間使用できます。また設置やメンテナンスの際にはJIS規格に基づいた適正な基準を設け、紫外線を測定し安全管理を徹底しております。

紫外線照射範囲

実空間における浮遊菌減少率89.6%

私たちが普段吸っている空気には、非常に多くの菌・ウイルスが存在していますが、エアロシールドは第三者研究機関の実証試験により、「実空間における浮遊菌減少が89.6%」という結果を得ています。

臨床実験施設での浮遊菌減少実験の結果

また、この試験は試験用ボックスではなく実際に人が生活する広さの空間で行なわれており、実用性も証明されており、医療機関をはじめ様々なお客様の施設における実証試験においても、同様の浮遊菌減少の結果が得られています。

導入施設における実空間での結果

優れたランニングコスト

紫外線ランプの出力維持率

エアロシールドは長寿命高性能紫外線ランプを使用しており、24時間連続使用した場合でも、約7ヶ月に一度のランプ交換を除いて日常の保守点検などは不要です。さらに電気代も24時間で7.6円と、ランニングコストの低さも特長です(UKP18:夏季17.06円・その他の季節15.51円/kWhで試算)。

仕様

型式 設置目安 使用ランプ 消費電力 外寸法(mm) 重量
UKP 09 20~50m3
(5~13畳)
UVC 9W 13W W280×H120×D125 約3kg
UKP 18 50~120m3
(13~25畳)
UVC 18W 20W W280×H120×D125 約3kg

導入例

エアロシールドは医療施設(病院、クリニック)、調剤薬局、研究施設、検査施設、介護施設、保育園、幼稚園、食品加工場、調理場(給食センター)、店舗、公共施設、宿泊施設(ホテル)など、全国1,000以上の施設に導入されています。

エアロシールドの設置例

エアロシールドに関するお問い合わせ窓口

窓口 イノベーション本部 エアロシールド担当
電話 029-248-1625
FAX 029-248-1991
メール エアロシールドに関するお問い合わせ